2006年06月02日

夜叉ケ池

yasyagaikes.jpg
2006年5/31日に
夜叉ケ池に行って来ました。

これがまたこんなに大変な登山になろうとは
夢にも思いませんでした。

何日も前からネットで夜叉ケ池の情報を集め
に集めて、出発したのでバッチリのはずでし
た。

しかし現地についてみると、林道は通行止め
、登山口の駐車場まで歩く事になりました。

1時間もあれば登山口に着く予定でしたが、
計算違いか2時間も掛かってしまい、3時間
遅れでやっと登山の開始となった訳です。

いえいえその前にもう一つ予想をしなかった
事がありました。
名神高速道路の道路工事に伴う大渋滞で、到
着予定時間を1時間半もこの時点で上回って
しまったのです。

登山道に入るや否や倒木が道を塞ぎ、木の橋
は流されていて、角材1本で川越え、残雪は
谷という谷を覆い崩れ落ち、アイゼン無しで
足下をすくわれながら雪渓渡り、登山道は雪
害で今にも崩れそうに亀裂が入った箇所が数
えきれないほど、こんな登山道見た事無い、
これで本当に夜叉ケ池まで着けるのかと心配
しながらも、やっとの思いで到着。

時間は思ったより掛かり、三周が岳を断念し
て、下山せざるを得ない事になりました。

普通の道をあいよって!下山するならあっと
いう間に下山できるのでしょうが、「荒れ果
てた」今来た道を戻るのですから、また大変
だった事は想像がつく事でしょう。

車にたどり着いた時はすでに夜の7時を廻っ
ていました。

それでもなんとかその日の内に家に到着しま
したが、今日はなんか色々な事があったな〜
〜としみじみ思ったのでした。

帰って来てからがまた驚きでした。
ホームページの夜叉ケ池情報を見ていたら、
これがまたびっくり。

私が登ったその日(31日)から登山道が危
険な為、一般の方の登山禁止となっていたの
でした。

途中すれ違う人も全くなく、ちょっと不思議
に思っていたのですが、それもそのはずです
登山禁止では誰も登って来ない訳です、すれ
違うはずがありません。

登山口に危険の一文字くらい書いておいて欲
しかった。

そして今これを書いているのですが、無事に
帰って来れたからよかった様なものの、帰れ
なかったらどうするの?
っと言いたい。

でも夜叉ケ池はすばらしかった。
posted by まっしゅまん at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山