2005年12月16日

酒税、たばこ税どうなってる?

第3のビール(酒の税率)引き上げ、ふざけんな!
良いものを安く提供しようとする企業の努力を無視する行為は、日本の技術進歩を遅らせる事に繋がる、先の読めない無謀好意。
国民の為にならず!
政治は国民の為に有るのではないのか?
国民の為によい事といえば、たばこ税の引き上げだが、1円や2円上げたところで、禁煙者が増えるとは思えないし、これは税収アップしたいだけの、策略に過ぎない。国民の健康を考えるので有れば、今の価格の10倍20倍でも構わないのではないのか。喫煙者が減れば、癌の発生率が減り、健康保険料も安くなるし、しいては税金の投入金額も減るというもの。
たばこのポイ捨てもヘリ、町は綺麗になり、綺麗になればこども達のこころも健やかに育つ事に繋がるのではないでしょうか。
小手先の手段ばかりで先の事を考えているとは思えない所行で有る。
posted by まっしゅまん at 06:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/145843

この記事へのトラックバック

【電凸】部会の禁煙化も出来ない自民党に‘改革’は無理だろ〜タ...
Excerpt: 12月6日に、自民党新人議員で構成する「83会」(土屋正忠会長)が、たばこ税の増税を働きかけることで一致したという記事を目にした。特定の新人議員をまるで芸能人のように追い回すマスコミには辟易としている..
Weblog: なりぽん@厭離庵
Tracked: 2005-12-16 10:06